不動産投資を始めるきっかけ

不動産投資を始めるきっかけ 資産運用の方法としては、数多くの種類があります。
その中でも、不動産投資は有名で、多くの人が始めています。
不動産に投資するきっかけとしては、定年退職を視野に入れ始めることが多くあります。
日本の公的年金が受給される年齢は上がっています。
また、年金の支払額も多くなっており、多くの人が老後に十分な年金が支給されるかどうか、心配しています。
年金以外の老後の生活資金を作る手段として、投資が活発に行われています。
不動産への投資は、長期的な利益が見込めることが多いので、老後の資金作りには向いています。
また、株やFXのような、短期的な値下がりが少ないことも、人気がある理由です。
金融機関にお金を貯金していても、ほとんど金利がつかなくなっています。
かつては、貯金の金利が非常に高く、貯蓄をしているだけで資産運用が可能でした。
しかし、今では投資の方が利回りが良い場合が多いです。
日本人の平均寿命は大きく増加しており、老後の生活を視野に入れ始めることが、不動産投資を始める大きなきっかけです。

不動産投資の難易度

不動産投資の難易度 数ある投資の中でも、不動産投資は難易度が高い部類に入ります。
その理由の筆頭に挙げられるのが、初期投資金額が高額なことです。
不動産物件を保有するためにはどんなに安くても数百万円の資金が必要になり、賃貸物件としてインカムゲインを得たいのであれば数千万円の投資を覚悟しなければなりません。
それだけの金額を用意することはもちろん、実際に投資を行うことも重大な決断になるため簡単には行えないのです。
また、キャピタルゲインを得る目的で投資を行う際は流動性の低さが問題になります。
株式投資や為替投資と異なり保有している物件を任意のタイミングで売却できないため、不動産相場に変動が生じて売却しようとしても買い手を見つけなければ手元に残さざるを得ません。
同様に、インカムゲインを得る目的で投資を行っても、実際に入居者が入らなければ利益を得られないばかりか、固定資産税をはじめとする税金や物件の管理費を支払うだけになってしまうのです。